ラピーヌは婦人服メーカーのボナビ(大阪市)から婦人服ブランドの「バイス バーサ」と「ヴィスタ フィオーレ」の企画・製造・販売事業を取得することを決議した。

ラピーヌは高級婦人服におけるマーケットシェア拡大のために、新ブランド開発・新商品開発を進めている。ニット製品に強みを持つ2ブランドを取得することにより、高級婦人服市場での拡充が図れると判断した。対象事業の直近売上高は、「バイス バーサ」が7億5000万円、「ヴィスタ フィオーレ」が3億円。

取得価額は未定。取得予定は2008年12月末。