セブンシーズホールディングスは、デザイン会社のシンクロニシティ(東京都港区。売上高4億3700万円、営業利益△1億4900万円、純資産△2億6500万円)をMBO(経営陣による買収)により同社代表取締役の前田洋氏に譲渡することを決議した。

シンクロニシティは1979年設立で、空間デザインやグラフィックデザインを手がける。セブンシーズHDはトレンドやマーケットを作り出す「メディア事業」を柱としており、今後の方向性を検討した結果、シンクロニシティは同事業との連携が難しいと判断した。

まず、全株式を56万6000円で前田氏に譲渡し、同時にセブンシーズHDの子会社の貸付債権をデッド・エクイティ・スワップ(債務の株式化)により増資したうえで、株式を943万5000円で譲渡する。

譲渡価額は合計で1000万円。譲渡日は2008年9月30日。