エフティコミュニケーションズは、医療機関向けファイナンス事業を手がけるフレクソル(東京都中央区。売上高2億2900万円、営業利益4500万円、純資産4100万円)の全株式を、投資ファンドSBIキャピタルソリューションズ(東京都港区)に譲渡することを決議した。

フレクソルは、三田証券から譲り受けた診療報酬債権のファクタリング事業(売掛債権を買い取り、その債権を回収する事業)を運営してきた。しかし、エフティコミュニケーションズは、意図していた相乗効果が十分でないことや同事業の拡大を実施するには今後さらなる資金調達が必要であることから譲渡を決めた。

エフティコミュニケーションズがフレクソルに貸し付けている12億5000万円については、譲渡と同時にエフティコミュニケーションズに一括返済される。

譲渡価額は1万円。譲渡予定日は2008年7月2日。