日本カーリットは、花火業者向けに煙火用原材料を販売する第一薬品興業(東京都中央区。売上高7億5200万円、営業利益300万円、純資産4億9100万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

第一薬品興業は1950年12月に設立され、全国300社にのぼる国内花火業者向けに煙火用材料を販売する。一方、日本カーリットは同社に花火の主原料である過塩素酸カリウムを生産・販売してきた。しかし、第一薬品興業創業者が高齢となったため、日本カーリットが同社を子会社化して事業を承継し、グループの新規事業として展開する。

取得価額は非公表。取得予定日は2008年6月2日。