オリコンは、インターネット向け映像配信サービスを手がける韓国のORICON CNS INC.(ソウル市。2008年度の売上高は10億4000万円、営業利益△2億2200万円、純資産△3億5400万円の見込み)の所有株式81.25%を、情報通信事業を手がける韓国のDongbang Environment Technology Co., Ltd(昌原市)に譲渡することを決議した。現在97.15%の持ち株比率は15.90%に下がる。

ORICON CNSは韓国におけるインターネット向け映像配信サービスの最大手として事業を展開してきたが、営業費用がかさみ赤字幅が拡大していた。オリコンは、同社の収益力を十分に回復するには相応の時間を要すると判断し、譲渡することとした。今後は、経営資源をメディア事業に集中させる。

譲渡価額は1億3000万円。譲渡予定日は2008年5月8日。