日本航空は、北海道でゴルフ場を経営する旭川リゾート開発(北海道旭川市。純資産△46億2000万円)と苫小牧緑化開発(北海道苫小牧市。純資産△110億円)の全株式を売却することを決議した。

譲渡先は、旭川リゾート開発が朝日コーポレーション(東京都港区)、苫小牧緑化開発がサニット(札幌市)で、いずれもゴルフ場経営を専業としている。

日本航空は2社を譲渡することで、本業の航空運送事業に経営資源を集中させたいとしている。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2008年3月19日。