丸一鋼管は子会社を通じ、構造用鋼管を製造する米国リービット・チューブ・カンパニー (イリノイ州。売上高約177億円、純資産約49億7000万円)の持分60%を取得し、子会社化すると発表した。

リービット・チューブは1956年の設立され、建築構造用鋼管においては米国国内における主力メーカー。丸一鋼管は今後、残りの40%を所有する米国住友商事とともに、需要の伸びが期待できる米国南部地区への拡大を強化する。

取得価額は約93億1000万円。取得予定日は2008年5月31日。