M&A速報

ダイキサウンド<3350>、広告業のダイキエンターサイネージを譲渡

2008/02/28

ダイキサウンドは広告業のダイキエンターサイネージ(東京都品川区)の全株式を、ダイキサウンド最高顧問の木村裕治氏に譲渡することを決議した。

ダイキサイネージはダイキサウンドが2008年2月にメディア事業(売上高684万円)を会社分割して設立した新設会社。屋外に設置したディスプレイから映像情報を配信する「デジタルサイネージ」が主力事業。ダイキサウンドはグループの経営体制の整備を進める中で、経営資源をコア事業の音楽CD販売や音楽配信に集中投資し早期の黒字化実現を図る。

譲渡価額は1億5000万円。譲渡予定日は2008年2月29日。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2017年1月31日
ダイキサウンド(株)
180
2
2014年5月30日
(株)キューズマネジメント
(株)キューズダイニング
0
3
2012年11月1日
ミネルヴァ債権回収(株)
アイシス・パートナーズ(株)
4
2012年9月18日
玉木栄三郎氏((株)フォンツ・ジュエリー 代表取締役)
(株)フォンツ・ジュエリー
2
5
2010年8月27日
(株)Copyrights Vision
(株)ディスカス、(株)e-music
0
6
2008年2月28日
個人株主1名
ダイキエンターサイネージ(株)
150

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5