M&A速報

セレンディップ・ホールディングス<7318>、試作品製作のアペックスを子会社化

2022-11-21

セレンディップ・ホールディングスは、試作品製作などを手がけるアペックス(東京都八王子市。売上高14億4000万円、営業利益6800万円、純資産3億9200万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。グループ傘下で既存投資先の自動車部品メーカー2社との相乗効果が見込めると判断した。取得価額は非公表。取得予定日は2023年1月10日。

アペックスは1975年に設立。顧客の開発工程における試作品製作を主力とし、機械加工、電子制御からデザイン、アプリ開発まで社内一貫体制で対応している。

セレンディップは中堅・中小製造業に特化して事業承継・経営の近代化を支援する事業投資会社。

M&Aデータベース

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2022年11月21日
(株)アペックス
アント・キャピタル・パートナーズ(株)=アント・ブリッジ5号A投資事業有限責任組合
非公表

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5