RISEは、不動産賃貸やスポーツ施設の運営管理を手がけるFREアセットマネジメント(東京都港区。売上高8億5800万円、営業利益△3800万円、純資産66億円)を、第三者割当と自己株式取得の組み合わせにより完全子会社化することを決議した。取得価額は7億1500万円。

RISEはまず、第三者割当によってFREの発行済み株式の26.13%(第三者割当前ベース)に相当する株式を7億1500万円で引き受ける。その後、FREが完全親会社のFVP合同会社(東京都)が保有するFRE株式のすべてを取得する。FREの自己株式取得の結果、FREはRISEの完全子会社となる。自己株式取得の効力発生日は2019年5月27日。

RISEはFREを傘下に収め、不動産管理受託手数料収入のグループへの取り込みや保有物件の有効活用による収益力強化を目指す。