藤井産業は、産業機械の電気設備工事や制御盤・分電盤の製作を手がけるサンユウ(埼玉県ふじみ野市。売上高3億6400万円、営業利益7600万円、純資産2億7600万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

藤井産業は北関東を地盤とする電気機器の専門商社で、IoT(モノのインターネット)を活用した製造現場の見える化や省エネに関する設備、産業用ロボットなどの提案に力を入れている。またエリア戦略として埼玉県での事業拡大を推し進めている。サンユウを傘下に取り込むことで、取扱商品の拡充や仕入れの効率化などのシナジー(相乗効果)が期待できると判断した。

取得価額は非公表。取得予定日は2018年12月25日。