野村マイクロ・サイエンスは、中国で浄水場・汚水処理場の運転管理を手がける黔東南州凱創水資源環保科技工程有限公司(貴州省凱里市。売上高―、営業利益△2600万円、純資産6億900万円)の全持分を、錦屏県金源水務投資建設有限公司(貴州省凱里市)に譲渡することを決議した。

黔東南州凱創は2013年12月に、中国貴州省錦屏県で浄水場・汚水処理場の運転管理を目的に設立した。しかし、試運転段階に達した時点で、錦屏県人民政府主導で当該事業を進めたいとの申し入れがあり、検討の結果、出資持分のすべてを譲渡することにした。

譲渡価額は約7億3400万円。譲渡日は2018年11月27日。