パシフィックネットはクラウド製品・サービスの技術支援を手がけるテクノアライアンス(東京都千代田区。売上高1億100万円、営業利益500万円、純資産2500万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

2020年1月に予定されるWindows7のサポート終了はWindows10の導入拡大と同時に、情報システム部門でのIT管理業務を大きく変える契機になると予想されている。テクノアライアンスは1992年設立で、長年、Windows製品に関する技術、サービスを提供してきた。

取得価額は算定中。取得予定日は2018年12月上旬。