EPSホールディングスは、医薬ITサービスを手がける往来技術(東京都文京区。売上高8億2800万円、営業利益△400万円、純資産1億3700万円)を株式交換により完全子会社化することを決議した。

EPSは往来技術を取り込むことにより、臨床研究ビジネスやPMS(製造販売後調査)ビジネスなどの拡大につなげる。株式交換比率はEPS1:往来技術321で、往来技術1株に対してEPS株321株を割り当てる。実行日は2018年11月1日。

往来技術は2001年にIT受託開発を目的に、EPSホールディングス、キーウェアソリューション、カイカが共同出資して設立。2007年にはEPSが持ち株比率を90%に高めて子会社化したが、その後、宋軍波氏(現往来技術社長)による経営権取得でEPSグループから独立するなど変遷をたどっていた。