八洲電機<3153>は、受変電設備や上下水道設備など各種プラント設備の設計・施工を手がける三陽プラント建設(東京都葛飾区。売上高10億7000万円、営業利益3300万円、純資産8億円)の株式89.1%を取得し子会社化することを決議した。

八洲電機は、三陽プラントが1957年の設立以来培ってきた専門的な技術、ノウハウを取り込むことにより、社会インフラ事業を中心にグループのソリューション・エンジニアリング力をさらに強化できることなど、様々な相乗効果が見込まれると判断した。

株式取得価額は非公表。

株式取得予定日は2018年4月2日。