携帯電話販売会社のクロップスは子会社を通じて、マンションメンテナンス事業を手がける代々木の杜企画(東京都渋谷区。売上高10億7000万円、営業利益3200万円、純資産1億5300万円)など3社の株式を取得し、孫会社化することを決議した。

代々木の杜企画のほかに子会社化するのはトリトン(同。売上高4200万円、営業利益600万円、純資産2900万円)とモップス(同。売上高3000万円、営業利益0円、純資産300万円)で、この両社もマンションメンテナンス事業を主力とする。

3社の株式を取得するのはクロップ子会社のいすゞビルメンテナンス(東京都品川区)。トリトン、モップスの全株式を、代々木の杜企画については株式の90%を取得する。人材の補強、技術力の向上が目的。

取得価額は代々木の杜企画2億4400万円、トリトン3130万円、モップス429万円。取得日は2018年1月24日。