ラクスは、クラウド型ソフトウエアサービスを提供するブレインメール(東京都港区。売上高6億3900万円、営業利益5100万円、純資産5700万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

ブレインメールはクラウド型メール配信サービスの提供者として現在8100社を超える契約数がある。ただ、売上高の約3割を占める新規事業について昨年12月にカーブアウト(事業分離)しており、創業者(社長)である天毛伸一氏は新規事業に注力するため同社を売却することを検討していた。

ラクスが提供するクラウド型メール配信システムはブレインメールのサービスと機能面、価格面で補完関係にあることから、両社の連携により一層のシェア向上が見込めると判断した。

取得価額は15億7500万円(アドバイザリー費用等含む)。取得予定日は2018年2月1日。