ノダは、インドネシアで建材製品の製造を手がける持分法適用関連会社PT.SURA INDAH WOOD INDUSTRIES(SIWI社。資本金600万米ドル)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。ノダはSIWI社の発行済み株式49.58%を保有するが、今回、合弁パートナーのPT.BARUNA INTI LESTARI(BIL社)からその持分(50.42%)を追加取得する。

SIWI社は1990年に合弁で設立され、主にインドネシアの木材資源を使用して日本向けに建具や造作材、収納家具など住宅用内装建材を製造している。合弁相手のBIL社が木材加工事業から撤退するのに伴い、同社から保有株式譲渡の申し出があった。

インドネシアの外資規制に基づき、全株式取得後の所有割合はノダ99%、同社子会社のアドン(静岡市)1%となる予定。

取得価額は7億5400万円。取得予定日は2018年3月下旬。