ウィルグループは海外事業の統括を行うシンガポール子会社を通じて、豪州とシンガポールの人材紹介会社を子会社化することを決議した。対象となるのは、豪人材派遣・紹介業のThe Ethos Unit Trust(EUT。シドニー。売上高約44億9000万円、純資産約8万5000円)、同社の信託受託を行うEthos Corporation Pty. Ltd.(ETC。シドニー)、シンガポールの人材紹介会社のBeathChapman Pte. Ltd.(BCM。売上高約4億2200万円、営業利益約8790万円、純資産約1億6300万円)。株式の所有割合はEUT69.97%、ETC71.43%、BCM70%となる。

取得する3社は豪州・シンガポールで、主にエグゼクティブ層やニッチな専門スキルを持った人材の紹介や派遣サービスを手がけ、大手金融やIT企業、行政機関、消費財メーカーといった様々な業界の機関・企業を顧客に持つ。ウィルグループは今回の子会社化により、オセアニア地域での人材サービスに進出し、シンガポールでもエグゼクティブサーチ領域の強化・拡大を図る。

取得金額はEUTとETC合計で約6億4700万円、BCMが約3億2000万円。合計で約9億9200万円(アドバイザリー費用含む)。取得予定日は2017年1月25日。