販売員、オペレーター及び軽作業員の人材派遣を行うウィルグループは、映像制作事業を手掛けるサムシングファンの株式51%を取得し子会社化することを決議した。

ウィルグループは、同社の動画共有サービス「VideoSpace」とサムシングファンの映像制作事業を組み合わせることで、「配信プラットフォーム」と「コンテンツ制作力」という機能の両輪がかみ合うことにより、拡大が期待される動画市場において事業成長を加速させることが可能であり、企業価値向上に資すると判断し株式取得を決定した。

株式取得価額は非公表。

譲渡実行予定日は平成28年12月22日。