(株)三社電機製作所(以下「三社電機製作所」)は、連結子会社である(株)三社電機イースタン(以下「三社電機イースタン」)を承継会社、(株)イースタン(売上高177億円、営業利益△21億8000万円、純資産42億円、以下「イースタン」)を分割会社とする吸収分割を行い、三社電機イースタンがイースタンのパワーシステム事業(売上高46億2000万円、純資産16億1000万円)を承継することについて決議した、と発表した。

三社電機製作所は、今回、取引金融機関の紹介により、イースタンがパワーシステム事業の譲渡を検討していることを知り、事業承継について検討をした結果、三社電機グループとして産業用電源機器の多くの顧客からの幅広いご要望に応えるため、小型の商品レンジ強化を目的に、連結子会社である三社電機イースタンを設立し、同社がイースタンのパワーシステム事業を承継するとしたとのこと。

これにより、事業の拡大はもとより、さらなる経営の安定化を図り、また、本件により、グローバルベースでの開発・販売・製造力のさらなる強化が可能となり、市場において、より競争力のある商品を提供できるものと確信している、としている。

吸収分割契約締結日は2016年9月12日。

吸収分割の効力発生予定日は2016年10月31日。