自動包装機械の製造・販売を専門で行うゼネラルパッカー(愛知県)は、チョコレート製造機械装置の製造・販売を基軸に食品製菓機械製造業を展開するオサ機械(神奈川県、売上高9億円、営業利益1億円、純資産8億円)の全株式を取得し、連結子会社化することを決議した。

ゼネラルパッカーは、同社とオサ機械の事業領域は密接に関連しており、両社の保有する技術力・ネットワークを融合し最大限に活用することで、今後のさらなるソリューションビジネスの拡大や海外事業の強化につながるなど、高いシナジー効果が期待できることから、ゼネラルパッカーグループの持続的な成長や企業価値向上に資すると判断したとしている。

株式取得価額は22億円。

株式譲渡実行予定日は平成28年9月1日。