ウォーターヘルスケア事業や再生医療分野を中心とした先端医療事業などを展開する日本トリム(大阪府)の連結子会社で、グループの先進医療分野を統括する子会社が保有し、遺伝子診断キットの開発、製造、販売を行うTrimGen Corporation(米国、売上高4千万円、営業利益△7千万円、純資産△6億円、所有割合80.0%、以下トリムジン コーポレーション)の全株式を、中国のバイオ関連事業会社へ譲渡することを決議した。

日本トリムグループは、トリムジン コーポレーションの次世代型遺伝子診断キットの製品化にまだ相当の期間と費用を要する見込みとしており、先進医療分野の不採算部門を整理することが、トリムグループの更なる業績伸長に寄与するものと判断したとしている。

株式譲渡価額は非公表。

株式譲渡実行日は平成28年8月16日。

なお、本件株式譲渡に伴う当期連結業績に与える影響は、親会社株主に帰属する当期純利益が6千万円増加する見込みである。また、トリムジン コーポレーションの債務6億円免除が株式譲渡契約締結の条件となる。