インスペックは子会社を通じて、医療機器製造・販売のクラーロ(青森県弘前市)の全事業を取得すると発表した。対象事業の業績は2016年6月期に売上高2300万円、営業利益△1億2600万円を見込む。

クラーロは病理検査のデジタル化の基本ツール「バーチャルスライド」を日本で最初に開発。しかし、日本ではデジタル化が進まず事業の継続が困難となっていた。インスペックは、国内のみならず、中国をはじめとするアジア諸国においては病理専門医の不足が深刻となっており、病理検査のデジタル化が極めて有望な事業分野であると判断した。

取得価額は2億6900万円。取得日は未定。