焼津水産化学工業は、天然調味料や機能性食品などを製造・販売する中国子会社、大連味思開生物技術有限公司(大連市。売上高2億6100万円、営業利益△4640万円、純資産4億2300万円)を売却すると発表した。

為替の変動や労務費の高騰などの影響により、大連味思開生物技術の業績は低迷していた。焼津水産化学工業は同社を売却し、東南アジアでの事業展開に経営資源を投入する。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2016年3月31日。