徳島銀行と香川銀行から成るトモニホールディングス(香川県、預金残高約2兆6603億円、純資産1837億円)と、三菱東京UFJ銀行の持分法関連会社の大正銀行(大阪府、預金残高約4135億円、純資産198億円)は、両社の強みや各種ノウハウの共有、活用により、成長戦略の実現と付加価値の高い金融サービスの提供を行うため株式交換による経営統合を行うことを決議し、「株式交換契約」を締結した。

株式交換比率は、トモニホールディングス:大正銀行=1:0.466。

本株式交換の効力発生予定日は平成28年4月1日。