フォーシーズホールディングスは、化粧品の製造・販売を手がける東洋ライフサービス(東京都杉並区)など3社から、入浴剤などを取り扱う「Cure」ブランド製品事業を取得することを決めた。

他の2社は、化粧品販売の東洋インキュベーションシステム(東京都品川区)と東洋ライフサービスの完全子会社でオンライン通信販売を展開するTOYO-NET.JAPAN(東京都杉並区)。

Cure製品は市場で高い評価を受けており、フォーシーズホールディングスは同製品の販売を取り扱うことで、新たな年齢層や価格層の顧客獲得のほか、化粧品卸売事業への進出などが可能になる。

取得価額は6億5000万円。取得予定日は2015年7月1日。