レカム(株)(以下「レカム」)は、HJオフショアサービス(株)(売上高1億700万円、営業利益△0百万円、純資産1000万円、以下「HJ社」)の発行済株式のすべてを譲り受け連結子会社化することを決議した。

中小企業に対する情報通信に関するあらゆる商品およびサービスを提供するワンストップサービスカンパニーを目指すレカムは、その中でも市場の拡大が期待されるBPO事業を自社グループの「成長ドライバー」と位置付け、中国の大連市および長春市に現地子会社としてBPO業務センターを設立し、現地スタッフにより受託業務を遂行している。

一方HJ社は、日本国内においてBPOに関しての営業を実施し、顧客の実施業務に入り込んで顧客企業の業務を分析し、BPOに適した業務の切り出しを行うことでハイエンドかつ高単価なBPO案件を受託、その受託業務を中国・大連市のBPO企業にてローコストで遂行する手法で顧客基盤の拡大を図っている。

今回両社の協議により、それぞれ別にBPO事業を行うのでなく、HJ社をレカムへ統合し中国でのBPO事業を営んでいくことにより、スケールメリットや間接コストの削減等のシナジー効果を発揮することが、同事業の一層の発展に資するとの考えで一致し、合意に至ったとのこと。

株式取得価額は1億3000万円(概算)。

譲渡予定日は2014年8月31日。