(株)アサカ理研(以下「アサカ理研」)は、マレーシアで貴金属事業を行うTWINKLE METAL(M)SDN BHD(マレーシア、売上高2億9000万円、純資産100万円、以下「TM」)の株式を60%取得する契約を締結した。

TMは、鉄及びアルミスクラップのリサイクル事業を展開する企業であり、貴金属回収技術を有していないものの、貴金属リサイクル事業への参入を目指しており、貴金属処理ライセンスを所有している。マレーシアにおいて、貴金属リサイクル事業は環境省によるライセンス制になっており、アサカ理研が貴金属事業を展開するうえで、同ライセンスは不可欠なものである。しかしながら、同ライセンスは取得が容易ではなく、多くの時間を要するため、参入障壁になっている。今回の株式取得によって、アサカ理研は貴金属処理ライセンスを短期間で取得できるだけではなく、TMの現地ネットワークおよび事業を活用することが可能になるとしており、これらのノウハウとアサカ理研の貴金属回収技術と統合することで、迅速に事業を立ち上げ、推進していけるとしている。

株式譲渡価格は3700万円。

アドバイザリー費用等は1000万円。

株式譲渡実行予定日は2014年4月8日。

※ 1マレーシアリンギット=31.57円で換算。