ミナトエレクトロニクス(株)(以下「ミナトエレクトロニクス」)は、自社を株式交換完全親会社、(株)イーアイティー(売上高11億300万円、営業利益△3400万円、純資産2億4400万円、以下「EIT」)を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決議し、同日付で両社の間で株式交換契約を締結したと発表した。

主要顧客の業績不調などからここ数年収益力の低下が続いたミナトエレクトロニクスは、新たな収益源となる新規事業の開拓・育成を目的に設定し、「環境エレクトロニクス分野の新規事業」及び「既存事業の強化」に資するという観点で検討を進めた結果、EITとの協業関係を築くに至ったと説明。光学式タッチパネルの開発・販売を行うミナトエレクトロニクスとカメラ方式タッチパネルに強みを持つEITは本来大型タッチパネル業界においては競合関係にあったが、ミナトエレクトロニクスの出資先であり共同でタッチパネル製品開発を行っている(株)シロクがEITとの間で12年前よりより親密な業務提携関係にあったことから、両社のタッチパネル事業の統合による市場占有率拡大という観点で協業関係を構築できるものと考えたとしている。

株式交換比率はミナトエレクトロニクス:EIT=1:190(加えてミナトエレクトロニクスの第2回新株予約権1個)。

株式交換契約締結日は2014年2月26日。

株式交換効力発生日は2014年4月8日。