シーエーシーは、インドに本拠を置くIT企業のAccel Frontline Limited(以下「Accel社」という)の過半数の株式を取得することで合意し、株式譲渡および第三者割当の契約を締結すること、また、株式の公開買付を行うことを発表した。

シーエーシーは、創業経営者グループの保有する株式の取得、およびAccel社からの第三者割当増資の引受けにより40%以上の株式を取得し、その後、インド共和国の法令・ルールに則り、公開買付を実施して過半数まで持株比率を高めることを予定している。

株式の取得価格は、1株あたり平均取得単価45インドルピーとなる予定。

今回の取引によって、最大で20,738,087株(第三者割当後の発行済株式総数の69.68%)の株式を所有し、その場合の取得総額は、933,213,915インドルピー(日本円1,568百万円、1インドルピー1.68円で換算)となる予定である。

今回の取引は2014年2月上旬に完了する予定としてる。