免疫生物研究所は、化粧品製造販売会社のエムコスメティックス(東京都中央区)を子会社化することを決議した。エムコスメティックスが実施する第三者割当増資を引き受け、株式の所有比率を21.4%から79.6%に引き上げる。

エムコスメティックスは、免疫生物研究所の技術を使用したコラーゲン含有化粧品を初めて製品化した大西氏が設立した化粧品販売会社。免疫生物研究所はエムコスメディックスの子会社化で、化粧品業界へ参入し、5年後に10億円の売上を目指す。

取得価額は8000万円、取得予定日は2013年10月1日。