1stホールディングス(以下「1st」という)は、MBOの一環として行われるモノリスホールディングス(以下「モノリス」という)による普通株式および新株予約権に対する公開買付けにより株式を非公開化すると発表した。

モノリスは、1stの内野社長が代表兼100%株式を保有する1stの普通株式および新株予約権の全ての取得および保有等を目的として平成24年11月15日付で設立された買収目的会社である。

買付け期間は平成25年 4月8日(月)から平成25年 5月22日(水)まで(30営業日)。

買付け価格は以下の通り。

・普通株式1株につき880円

・第1回B種新株予約権1個につき804円

・第1回D種新株予約権1個につき1円

・第1回E種新株予約権1個につき1円

・第2回新株予約権1個につき1円

・第3回新株予約権1個につき1円

・第4回新株予約権1個につき1円

買付け予定数は31,787,972株。応募株券等の総数が21,700,644株に満たない場合は、応募株券等の全部の買付けを行わないとし、応募株券等の総数が21,700,644株以上の場合は、応募株券等の全部の買付けを行う。

買付代金は27,973百万円。

買付けに要する資金については、本公開買付けが成立した場合にモノリスはみずほ銀行<8411>からの借り入れを行うとともに、内野社長およびオリックス <8591> 系のファンドであるオリックス投資事業組合が出資を行う予定である。

本公開買付けは、大幅に変化しようとしている経営環境下で1stの競争優位性を維持し、将来にわたって安定的かつ持続的に企業価値を向上させるための施策を迅速かつ果断に実行するために同社を非公開化することを目的としたMBOであり、内野社長は非公開化後も継続して同社の経営にあたることを予定している。