ダイトは、医薬品および原料中間体の輸出入ならびに投資を主力とする香港の千輝企業有限公司(香港。純資産約4億9600万円)との間で、中国安徽微納生命科学技術開発有限公司(安徽省。売上高8100万円、営業利益200万円、純資産1億7900万円)からの第三者割当増資を引き受けることを決議した。これにより株式所有比率は0%から70%となる。

ダイトは医薬品の原薬および製剤の製造販売を主力としている。同社は中国国内での医療用ジェネリック医薬品の販売を行い、海外市場への積極的進出を図っていくことを目指してきた。安徽微納生命科学技術開発は健康食品、医療薬品中間体および化成品の製造販売を主力としている。ダイトは今回の子会社化により、両社は強固な信頼関係を構築し中国市場での販売力・競争力の強化を目指す。

取得価額は非公表。増資予定日は2012年9月上旬。