プラスは、現在、間接保有分も合わせてビズネットの普通株式を11,112,000株(保有割合:49.79%)保有している。今回、ビズネットを完全子会社とすることを目的として、同社の普通株式及び新株予約権を公開買付により取得する。

買付期間は、平成24年5月1日(火曜日)から平成24年6月13日(水曜日)まで。

買付価格は、普通株式1株につき金102 円、新株予約権1個につき金5,200 円。

買付予定数は、12,757,656株。

ただし、応募株券等の数が買付予定数の下限(8,542,704株)に満たない場合は、応募株券等の全部の買付等を行わず、下限以上の場合は、応募株券等の全部の買付等を行う。

買付総額は、1,301 百万円。

本日の終値で計算した、買付価格に付されたプレミアムは、0.99%。

ビズネットの普通株式は、JASDAQに上場されているが、今回の公開買付では買付予定数の上限を設定しておらず、公開買付の結果次第では、所定の手続を経て上場廃止となる可能性がある。また買付完了時点で当該基準に該当しない場合でも、プラスはビズネットの発行済株式の全てを取得することを企図しており、公開買付成立後に、いわゆる二段階買収の各手続が実行された場合には、所定の手続を経て上場廃止となる。

ビズネット取締役会は、今回の公開買付に賛同の意見を表明し、各株主等に対し、この公開買付に応募することを推奨している。