ケーブルテレビの総括運営会社であるコミュニティネットワークセンター(名古屋市)は、スターキャット・ケーブルネットワークをTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化し、経営統合する。スターキャットは賛同の意見を表明している。買付価額は54億3500万円。

両社は、ケーブルテレビ業界を取り巻く事業環境が厳しさを増す中、経営統合することで、競争力の維持、地域密着型のサービスの提供、経営基盤の強化などが図れると判断した。

買付期間は2012年2月21日から3月22日まで。決済の開始日は3月29日。買付価格は1株あたり7万9300円で、公表前営業日の終値4万7500円に対して66.9%のプレミアムを加えた。買付予定数は6万8544株で、下限は4万5696株。

今回の買い付けですべての株式を取得できなった場合も二段階買収により全株式の取得を目指す。その場合、スターキャットは上場廃止となる。