日本アジア投資の子会社である日本プライベートエクイティ(東京都千代田区)は、日本アジア投資が運営するMBOファンドで保有する森長電子(石川県金沢市)の株式を、アンカー・アース(土木関連の工法)の業界トップである日本地工(埼玉県川口市)に譲渡することを決議した。

森長電子は、全国の官公庁、地方自治体、公共企業法人、民間企業向けの耐雷システム・電子応用システム事業を主力とする。日本地工は、アンカー・アース(土木関連の工法)といった国内のインフラ構築に必要な製品や工法開発を、多岐に渡る分野に携わる事業会社や官公庁、自治体向けに営業展開している。日本地工は技術や優良な顧客を持つ森長電子を子会社化により、既存事業との相乗効果を図り新たな事業への進出を狙う。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2012年2月8日。