事業再生手続中の明豊エンタープライズは、不動産業を手掛けるハウスセゾン(京都市)が明豊が実施する第三者割当増資を引き受け、同社の株式51%超を取得し傘下に置くと発表した。発行価額や払込期日などの詳細については契約締結時までに確定させる予定。

明豊はフィンテックグローバル証券もスポンサーとして選定しており、事業再生計画の実行や事業資金のファイナンス、経営・財務戦略の立案などに関する支援や助言を求めるという。