ブロッコリーは、リテール部門をアニメイトに事業譲渡する。

ブロッコリーは、店舗スクラップ&ビルドを推進する一方、店舗拡販キャンペーン、フランチャイズ対策、店舗運営の効率化等、数々の諸施策を投じてきたが、「リテール事業」の安定的黒字体質への転換が十分果たせない状況にある。更にソフト市場のシュリンクといった将来の不安定要素

や強大なNo.1 チェーンの存在と台頭するネット通販の拡大によるリテール販売網の競争力の低下が予想されるため、リテール事業を譲渡すことにした。

譲渡価格は、約250百万円としているが、今後、譲渡資産、負債の簿価をもとに双方協議の中で決定する予定。