メデカジャパンは、ユニマットライフの子会社で複合型介護施設を運営するユニマットケアサポート(東京都港区。売上高19億円、営業利益3000万円、純資産△4億1800万円)を2011年3月1日に吸収合併することを決議した。

ユニマットケアサポートの運営する介護事業所13拠点を引継ぎ、複合型介護施設としての更なる質の向上や規模の拡大および経費の削減を図る。

合併比率はユニマットケアサポート1:メデカジャパン856。ユニマットケアサポート株式1株に対してメデカジャパン株式856株を割り当てる。

合併により、ユニマットグループはメデカジャパン株49.4%を保有することになる。