レナウンは、物流会社のREDUロジスティクスが手がけるアパレル向け物流事業を、事業ファンド運営会社のMIT Corporate Advisory Servicesが設立する新設会社OPAL(東京都渋谷区)に譲渡することを決議した。

REDUロジスティクスは百貨店などのレナウンの取引先に対し、グループ各社のアパレル製品を供給するための物流業務を担っている。レナウンは事業構造改革の一環で、売上規模に応じた最適な物流コストの実現のため、物流業務の完全外注化を図る。

対象事業の直近売上高は35億2000万円。

譲渡価額は1億円。譲渡予定日は2011年2月下旬。