アキナジスタは、平成22年9月10日を合併期日(予定)として、ピージーオーを吸収合併する。

アキナジスタは、SAP分野での事業展開を予定していた。

ピージーオーは、既に自社でアプリケーション開発やその運用を通じてSAP分野における相当のノウハウ、実績を蓄積していた。

アキナジスタがピージーオーを吸収合併することにより、ピージーオーが有するアプリケーションとそのノウハウを統合することが可能となり、成長著しいSAP分野で、より確実な事業の展開を図る。

今回の合併では、ピージーオーの普通株式1株に対して、アキナジスタ普通株式8株を割当交付する。新株の発行は行わず自己株式1,200株をピージーオー株主に交付する。

アキナジスタの本日の終値で計算した、ピージーオーの買収価格は11百万円となる。