M&A速報

トヨタ紡織<3116>、川島織物セルコン<3009>、豊田通商<8015>の3社、輸送機器用内装材事業を2010年4月に統合

2009/12/22

トヨタ紡織、川島織物セルコン、豊田通商の3社は、2010年4月1日付で輸送用機器内装材事業を統合することで合意した。事業承継会社のTBカワシマ(愛知県刈谷市)を2009年12月22日付で新設する。新会社の持ち分比率はトヨタ紡織が35%、川島織物セルコンが35%、豊田通商グループが30%となる。

川島織物セルコンは自動車・列車・航空 機内装材事業(売上高237億円)を、トヨタ紡織は輸送機器用内装材事業(同19億6000万円)をそれぞれ会社分割し、TBカワシマが承継する。また豊田通商グループの100%子会社で、輸送機器用生地メーカーの龍村美術織物エーアイ(愛知県安城市。売上高55億1000万円、営業利益300万円、純資産3億2000万円)をTBカワシマが吸収合併する。

3社は輸送機器内装材事業を統合することで一層の合理化や効率化を進めるとともに、グローバル化の推進や商品開発力の強化を図る。

M&Aデータベース

関連の記事

【ホンダ】トヨタとも日産とも違う、独自「系列再編」の行方は?

【ホンダ】トヨタとも日産とも違う、独自「系列再編」の行方は?

2020/07/09

ホンダが系列サプライヤーの再編に動き出した。ホンダが筆頭株主となっているケーヒン、ショーワ、日信工業の3社に対してTOB(株式公開買い付け)を実施して完全子会社化した上で、日立オートモティブシステムズが3社を吸収合併する。その狙いと戦略は?

トヨタ「超コスト削減」で系列部品メーカーのM&Aにアクセルか

トヨタ「超コスト削減」で系列部品メーカーのM&Aにアクセルか

2020/07/03

トヨタ自動車系列のサプライヤーが苦境に追い込まれている。豊田章男社長は「新型コロナはリーマン・ショックを上回る危機だが、コスト削減で今期の連結営業利益で黒字を確保できる」と断言した。その矢面に立つのはトヨタに部品を納入する部品メーカーだ。

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

2017/06/13

 豊田自動織機は、トヨタグループ創始者である豊田佐吉氏が自身で開発した自動織機の製造販売を目的として、1926年(大正15年)に設立された。いわばトヨタグループの源流をなす会社である。2016年で創業90年を迎えたが、果たして、日本を代表する大手企業の源流にある会社は、いかなる発想や手法でM&Aを推進してきたのか。

M&A速報検索

クリア