セラーテムテクノロジーは、中国のソフトウエア開発会社である北京誠信能環科技(北京市。売上高21億5000万円、営業利益7億300万円、純資産15億1000万円)を子会社化することを決議した。

北京誠信能環科技は中国国内でソフトウエア開発や省エネコンサルティングサービスを多数の官公庁機関に提供しており、中国の環境政策において重要な役割を担っている。セラーテムは中国市場参入により北米という単一市場への強い依存から脱却し、事業拡大による成長を目指す。

中国の外資規制により直接買収ができないため、中国に100%子会社を設立し、北京誠信能環科技との間に支配目的の複数契約を締結することにより実質的に連結子会社とする。

取得価額は15億円。取得予定は2009年12月。