ユビキタスエナジーは、ブログで苗木を育て苗木の成長に合わせて実際に植樹をするウエブサイト「グリムス(gremz)」を運営する個人から取得することを決議した。

「グリムス(gremz)」は、苗木がブログエントリー(投稿)によって書かれたコメントに反応して、ブログパーツ(ブログや個人ホームページへ簡単に機能やコンテンツを追加できる素材)内に芽を出し、様々な成長過程を経て一本の「樹」に成長。書き込まれるワードによって成長スピードや育つ苗木が変化する。エコや環境問題でよく耳にする特定の「環境ワード」を使用すると通常の成長にプラスして特別な効果が出現する。大人の樹へ成長すると、NGOを通じて海外に実際の苗木が植樹される。ユビキタスエナジーはCSR(企業の社会的責任)事業の一環として同サイトを取得することとした。

取得価額は非公表。2009年11月1日に運営を開始する。