山洋電気は、山洋工業を完全子会社化することを決議した。山洋電気が山洋工業の株式をすべて株式交換によって取得し完全子会社化する。山洋工業は上場廃止となる。

山洋電気と山洋工業はグループ企業の位置づけで、現在山洋電気は山洋工業の株式12.42%を保有し、山洋工業は山洋電気の同2.46%を保有している。主力の冷却ファンや電源機器などの業界環境が一層厳しさを増しているため、両社は製造・販売、工事部門の業務について連携し経営効率化を図る。また、両社のシナジー(相乗効果)を発揮することで、多様化・高度化する顧客ニーズに機動的に応え、企業価値向上を目指す。

株式交換比率は山洋電気1:山洋工業0.5で、山洋工業の1株に対し、山洋電気の0.5株を割り当てる。

株式交換実施予定日は2009年7月1日。