fonfunは、モバイルインターネットサービスを手がけるアクセル(東京都昭島市。売上高24億4000万円、営業利益2億700万円、純資産9億9000万円)と2009年3月1日に合併することで合意したと発表した。fonfunを存続会社とする吸収合併で、アクセルは解散する。

アクセルは1989年設立で、乗換案内サービス「駅すぱあと」をはじめとしたモバイルサービスや、韓国の著名タレントの公式コンテンツなど様々な携帯コンテンツの開発・運営実績を持つ。合併により両社の顧客基盤を共有し、開発体制を一層強化する。また、fonfunは中国に、アクセルは韓国にそれぞれ現地子会社を持つため、アジアを中心とした海外ビジネスの拡大を図る。

合併比率は未定。