ゼンテック・テクノロジー・ジャパンは、ウェブアプリケーションを受託開発するジークス(東京都千代田区。売上高6億6000万円)の全株式を、システム構築サービスを提供する北洋情報システム(札幌市)に譲渡することを決議した。

ゼンテックは2003年7月にジークスを子会社化し、同社のコンテンツアプリケーションや配信システムの開発ノウハウを取得。しかし、ジークスの主力事業がウェブサイトの受託開発となったこともあり、相乗効果が期待できないと判断。ゼンテックは、キャッシュフローの早期黒字化を目指しており、同社を売却して経営資源を中核事業へ集中させる。

譲渡価額は5950万円。譲渡予定日は2008年7月24日。