アイ・テックは、鉄骨や橋梁を設計・製作する大川スティール(新潟市。売上高91億9000万円、営業利益6210万円、純資産△15億1000万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

大川スティールの前身である大川トランスティルは2007年4月に民事再生手続きを申請し、建設会社などを傘下に持つ持株会社グレース(東京都中央区)の子会社を受け皿会社として事業再生を進めていた。しかし、グレースも2008年2月に破産申し立てを行ったため、アイ・テックは支援要請を受けていた。

アイ・テックは大川スティールを取り込むことで、注力している鉄骨工事請負事業の強化が図れると判断した。

取得価額は1円。取得予定日は2008年8月25日。