東京リースは、持ち分法適用会社である富士通リース(東京都新宿区。売上高1280億円、営業利益33億1000万円、純資産280億円)の株式を追加取得し、子会社化することを決議した。現在の株式所有比率は27.5%で、取得により50%以上に引き上げる。富士通は引き続き22.5%を保有し、富士通リースの社名を維持する。

東京リースは2003年9月、営業チャンネルの多様化と営業基盤を拡大するため、富士通リースを持ち分法適用会社とした。今回、子会社化することで、富士通グループとの協力関係の強化を図る。

取得価額は未定。取得予定日は2008年7月1日。